「疲労回復」は、身体をゆるめるところから。あなたの身体、緊張していませんか?

一日集中気功のもう一つのテーマは、「疲労回復」でした。
このテーマでは、ご著書の中にもある「さなぎと蝶」から始まる実修をしました。
「さなぎと蝶」の動きは、沢山バリエーションがあり、最終的には、ご自分の身体に合った動きになっていきます。
いまでは、そのアップグレードバージョン、「ストレッチ最後にさなぎと蝶」(略してスト蝶)が生まれて早や数年。スト蝶とともに、皆様の疲労回復力もグンと伸びてきました。
終わったあとは、爆睡でしたよ。


Picture

う〜ん、痛い、でも気持ちいい〜。


毎年、新たに「スト蝶」の動きが加わります。
それは、皆様の身体が段々と柔らかくなるからで、それに合わせてもっと深いところも柔軟にしていけるからです。
先は無限にあるんです。


Picture

「う~ん…、伸びるぅ~。気持ちいいっ!」


人間は、重い頭を支えているので、肩もこり、腰にも負担がかかっています。
立った姿勢の「スト蝶」も沢山あります。


Picture

股関節や腰まわりもゆるめます。ゆるめるにはコツがあるんです。

この日のアンケートに、「今までずっと開脚前屈してきましたが、今日ほど深くやれた時はありませんでした。少しずつ伸ばす方法を教えていただいて、ありがたかったです」とありました。
単に「脚を開いて前に倒す」を繰り返していても、あまり変わりばえしないのは、一つの動きに沢山の筋肉が関わっているからです。
この時は、時間をたっぷりかけて、色んな動きを組み合わせてからの「開脚前屈」でした。
さぁ、どうでしたか?


Picture

すご~い、畳にペッタンこ!ここまで柔らかくなっても、もっと伸ばせるんです。

気持ちよく伸びていますね。
でも、まだこれから先があるのだから、驚きです。

何がすごいって、私たちの「身体の持っているポテンシャルの高さ」です。
それを見つけて伸ばすって、本当に楽しい!


■合宿のお問い合わせは、>> こちら
■アイズワイズ気功教室のHP「気の世界」は、>> こちら
■山口令子先生公式HPは>> こちら